喪主として葬儀を終えるために必要な服装など

OFF

葬儀での服装のマナーは皆さんよくご存知かと思いますが、意外と細かいことは実際に葬儀の段階になってみないと分からないことが多いです。

事前に準備するものも多いため、購入やレンタルで揃えましょう。

☆喪主の服装について

千葉に限らず、葬儀での喪主の服装は決まりがあります。

ほとんどが洋服を着用するかと思いますが、男性はブラックのスーツと白のYシャツ、プレーンなネクタイのセットが一般的です。

ネクタイピンは着用しませんので注意が必要です。

和装で行う場合は黒羽二重(くろはぶたえ)の紋付袴を着ることになります。

家紋は五つ紋になり、五箇所必要です。

女性の喪服は和装というイメージが多いですが、洋服で参列することも一般的になってきました。

女性が洋装で喪主を務める場合にはブラックフォーマルのワンピースかスーツが無難です。

和装の場合は羽二重の黒い着物になります。

家紋は男性と同じく五つ紋です。

☆喪主が身につけるものについて

喪主だけに限らず一般的な持ち物になってしまいますが、数珠とハンカチは必須ですので葬儀の当日に忘れないようにしましょう。

バッグは布でも革でも構いませんが、黒の無地に限ります。

金属が付いているものは避けるようにしましょう。

服装や持ち物を間違えてしまうと、参列者に非常識な喪主と思われてしまい、故人の尊厳も失われかねません。

そうならないように、事前の用意は大切です。

あくまでも千葉での葬儀の主役は故人であることを念頭におきましょう。

This post was written by , posted on 1月 10, 2020 金曜日 at 10:51 am

Comments are currently closed.