千葉での葬儀、喪主になるのはどんな人が最適か

OFF

千葉で葬儀を行う際、他の地域と同様に「喪主」が必要になります。

しかし、喪主は誰がやってもいいというわけではありません。

喪主に適した人物とは誰でしょう?

●喪主の役割

喪主とはよく聞きますがどういった役割の人を指すのでしょうか。

葬儀の場で、滞りなく葬儀を終わらせるために必要な人が「喪主」です。

葬儀社と連絡を取ったり、参列者への応対をしたりと、葬儀の一連の流れを取り仕切る人という認識でよいでしょう。

実は、喪主の他にも「施主(せしゅ)」という役割の人がいるのをご存知でしょうか。

施主とは、主に葬儀費用を支払う役割の人のことを指します。

現代では喪主が同時に施主を務めることがほとんどです。

施主がいる場合は喪主のサポート役になります。

●喪主になる人とは

喪主は、誰がなってもいいわけではありません。

「遺族の代表者」が大前提になります。

一般的には故人の跡取りとなる人が喪主となる場合がほとんどで、長男であることが望ましいとされていました。

しかし、核家族化や家督制度が希薄になるにつれ、長男がいないご遺族も増えています。

現在では故人の配偶者や子にあたる人が喪主となります。

故人に配偶者や子供がいない場合は、両親のうちのどちらかか、兄弟が喪主になります。

いずれにしても個人と深く関わりがあった遺族であることが大事で他人がなることはできません。

千葉の大企業の社葬など、会社で行う葬儀の場合は、喪主は故人の遺族で施主は会社というように分けるのが一般的です。

《あわせてご覧ください》…博全社は様々な葬儀に対応しています。