千葉で行われる葬儀も年々小規模化との事。実際はどうなの?

OFF

葬儀の小規模化という話をよく耳にしますが、それはどこか一地域に限った話ではありません。

首都圏である千葉の葬儀も、小規模化という傾向がみられるようです。

ネット検索で調べた限りの最近の動向をご紹介しましょう。

☆千葉でも高齢化の波は避けられない。

相談者の質問にあるとおり、千葉にある葬儀会場の仕切りでも最近は規模が小さくなりつつあります。

理由は他県の事情と同じだと思います。

高齢化がすすむと、参列する人たちも高齢なため、敢えて大規模な葬儀は行わないという遺族が増えているからです。

また高齢な単身世帯の方が増えて、その方がお亡くなりになったケースでは、家族葬さえ行えず直葬になる事例がほとんどです。

☆首都圏であるが故にすすんだ多様化。

ただし地勢的にみると千葉は東京や横浜と近接しており、大規模な上場企業の会社も多数あります。

首都圏エリアですから、社葬のような葬儀も多く、一概にすべての葬儀が小規模化しているわけではありません。

式場のほうでもこうした幅広いニーズに対応できるように工夫されていて、たとえば3ホールある葬儀場では、ホール間の仕切りを取り外すことで、大規模から小規模まで柔軟に対応できるようになっています。

☆直葬・家族葬、自由葬、大規模な社葬まで、千葉の葬儀会場では多様化に対応した工夫がなされています。

千葉の葬儀場がすべてそうだというわけではありませんが、だいたいのところは家族葬でも社葬のような大規模なものでも対応できるようになっています。

最近では1日葬という通夜のない簡易型葬儀のニーズも高く、それぞれの葬儀場でメニューが組まれています。